20160228

最近思ったことをつらつらと書いておく。

MDノートを仕事でも使い始めた。特に違和感なく使えている。このままいけそうなので革カバーを買って、2週間ほど日光に当てておいた。今週から使い始める。Bullet Journal をベースに書いているが、まだ試行錯誤していて固まっていない。

寝る前の軽いストレッチが習慣になった。去年何度か行ったマッサージでは、背中が机みたいに硬いと言われていたが多少はマシになっただろうか。もう3, 4か月マッサージに行っていない。

前回ポストした時に Warning のメールが来ていて何かと思ったら、markdown と coloring の processor が変わったらしいので、変更しておいた。表示が変わってないといいけど、おかしくなっていたら来週以降に直していこう。

やりたいことがいろいろあって計画を立ててみたけれど、全部はできないし全然計画通りには進んでいない。ちょっと欲張りなのか…。

とあるチャンスをもらったのだがイマイチうまくいかなくて、しっかり準備をしておくんだったと久しぶりに後悔している。もし次があったら今後はちゃんとやりたい。いろいろやってるような気がするんだが、成果だけ見ると何だか怠けているような気もする。手を広げ過ぎなんだろうか。

追記:

jekyll の _config.yml を変更したら更新できなくなったのだが、config が悪かったのか、postの日付が未来になってたのが問題だったのかわからない(直ったが多分設定だと思う)。kramdown の設定が抜けていたので足して、今の config は以下のようになっている(一部抜粋)。

markdown: kramdown
kramdown:
  input: GFM
  hard_wrap: false

highlighter: rouge

参考: _Config.yml markdown deprecating redcarpet, update to kramdown

Advertisements
20160228

ドメイン更新止めます

ここ数年、ドメイン更新のお知らせメールを見る度に、特に自分のドメインを持たなくてもいいかなとか、違うドメイン(もっと短いものなど)が欲しくなったりしていた。とうとう今年、ドメインの更新をしないことにした。

なのでこのブログといくつかのツールは、現在のURLではアクセスできなくなります。

新しくドメインを取って移行するかどうかは考え中。Tumblr のアカウント自体を削除するつもりは無いので、stonedsoul.tumblr.com とかで残ると思う。

ドメイン更新止めます

Government Digital Service – Design Principles

Last updated 2 July 2012

  1. ニーズからはじめること
  2. コアに集中すること
  3. データを使ってデザインすること
  4. シンプルにするために一生懸命になること
  5. スモールスタートで反復を繰り返すこと
  6. 誰もが使えるよう構築すること
  7. 文脈を理解すること
  8. ウェブサイトではなく、デジタルサービスを構築すること
  9. 同じものではなく、一貫性を持たせること
  10. 物事をオープンにすること、それが世の中をよくすることにつながること
Quote

Mac で Flashtool を使ってダウングレード

Xperia mini (ST15i) の firmware を .62 にアップグレードした後、いわゆるバックキー連打病というのが悪化して、もうほとんど使い物にならなくなってしまった。回避するには root を取って修正のスクリプトを実行するしかないが、root を取るには .62 より前の firmware じゃないといけない。

ということでダウングレードする必要があるのだが、うちには Mac しかないし、検索するとみんな Windows でやっているみたいで(Mac の人は VMWare 上の Windows なんかでやっている)、Mac OSX でできないかいろいろ試したらできた(0.8.6)ので、手順を簡単に書いておく。

参考

準備

ライブラリ (libusb)

libusb が必要だそうなのでそれをインストールする。MacPortsでインストールした。

  1. MacPorts が入ってない場合はインストールして以下のコマンドで libusb をインストール

    $ sudo port install libusb
    
  2. 環境変数を設定

    $ export JAVA_HOME=/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Home
    $ export DYLD_FALLBACK_LIBRARY_PATH=/opt/local/lib
    

Android SDK

(Flashtool のアーカイブに adb.mac とか入ってるからいらないかもしれないが、root を取るのに必要なので入れておく。)

  1. Android SDK をダウンロード
  2. platform-tools をインストール
  3. path を設定する

    $ export PATH=$PATH:/path/to/android-sdk-linux/platform-tools
    

何度も実行することが考えられるなら、環境変数は .bash_profile とかに保存しておけばいいかな。

Flashtool

  1. Flashtool と updates をダウンロード
  2. Flashtool と updates を解凍し、updates のファイルで上書き

ここまでやってコマンドラインから Flashtool を実行すると (ダブルクリックでもいい) Flashtool が立ち上がる。あとは、いろいろなサイトに書いてあるように、Flash を選択して firmware を指定(ST15i_4.0.2.A.0.42_(1249-6227).ftf というのを使った)、電源を落とした Xperia のボリュームダウンボタンを押しながら USB 接続する。

root

  1. Easy Rooting Toolkit と Rooting script for MAC OSX をダウンロード
  2. Xperia で USB デバッグモードを有効にする (設定 > アプリケーション > 開発)
  3. USB 接続
  4. runme.sh を実行

連打病の修正

  1. Xperia に GScript Lite をインストール
  2. 以下の内容でスクリプトファイルを作成し、SD の gscript フォルダに保存

    dev=/sys/devices/platform/spi_qsd.0/spi0.0
    fw=touch_smultron_sony.hex
    cyttsp_fwloader -dev $dev -fw /system/etc/firmware/$fw -verify_only
    sleep 5
    reboot -p
    
  3. GScript を起動して、保存したスクリプトを実行 (電源が落ちる)
  4. 電源を入れる

最初に実行した時は、何故か起動後もまだバックキーが連打される状態だったけど、もう一度スクリプトを実行したら直った。それと、スクリプトを実行すると stderr と出るが、気にしなくてもいいみたい。そして、また発症したら、またスクリプトを走らす必要があるそうだ。。 ICS で治るといいが…。

Mac で Flashtool を使ってダウングレード

Foundation フレームワーク

Twitter の Bootstrap が人気みたいだが、Wireframes Magazineで同じようなフレームワークの Foundationというのが紹介されていた (MIT License)。

UIのコンポーネントとしては一通りのものがそろっている。特徴は responsive design に対応しているところ。以下のサイトにレビューやコメントがある。

好みにもよるが、ネガティブなコメントもあった。例えば、

  • Form のスタイルはクラスで指定するのではなく、全体に適用される
  • normalize じゃなくて reset している
  • モバイル向けにコンテンツの一部を隠したりするのを CSS ベースで行っているので、読み込み自体はされてしまっている
  • イメージのリサイズについても同様

まあ Rapid Prototyping and Building Framework とあるように、細かい部分まで考慮するなら、いろいろカスタマイズしてサーバ側のスクリプトも使ったり、複数の画像を用意したりする必要があるのかも知れないが、デモページをいくつかブラウザのウィンドウサイズを変えながら見たりした限りでは、なかなか便利そうだった。例えばこれ

Foundation フレームワーク

jQuery mobile を使って作った、特殊な計算をするページ

jQuery mobileを使って何か作ろうと思い、
ちょっとした計算をするアプリを作った。この前作ったカレンダーと同じようにオフラインで動く。

特徴:

  • アスペクト比と縦か横のpxを入れるともう片方のpxを計算
  • 年間コストなどを計算(金額と日次や月次などを指定すると、年間コストを計算する)
  • ネットワークアドレス(xxx.xxx.xxx.xxx/xx)からIPの数などを計算
  • パケットをバイトに変換
  • PPI (Pixel Per Inch)を計算

後、作ってる時にいくつかハマったので、初歩的な事かもしれないが、注意点としてメモっておく。

下のような meta タグを入れておいて、

<meta name="apple-mobile-web-app-capable" content="yes" />
<meta name="apple-mobile-web-app-status-bar-style" content="black-translucent" />

ホーム画面に webクリップとして保存したアイコンから起動すると、アプリっぽく見せる事ができるのだが、ステータスバーのスタイルを black-translucent にすると、コンテンツが重なっちゃうので(ヘッダーとか)、jQuery mobile を使う時は black にするか、指定しない方が良さそう。

jQuery 使って、キャッシュしたスクリプトをロードする場合、デフォルトではリクエストにタイムスタンプ付けるので、次のように cache を有効にしないとスクリプトが読めなくてエラーになる。

$.ajaxSetup({cache: true});
$.getScript("myscript.js");
jQuery mobile を使って作った、特殊な計算をするページ