無印の開きやすいノート

MD ノートを使っていたが無印良品で開きやすいノートというのを見つけたので、先月から MD ノートの代わりに使ってみている。大きさと太さは同じくらいなので MD ノートのカバーに収まる。MD ノートとの違いは

  • 方眼が四角ではなくドット
  • 紙が MD ノートよりも白い
  • 紙質が MD ノートよりつるつるしている
  • しおりがない
  • 値段が 300 円くらい安い

など。普段、ボールペンで書いているので、ちょっとつるつるしているところがイマイチ。もうちょっと摩擦があると MD ノートの代わりに使い続けようと思ったけど、次はまた MD ノートに戻ると思う。無印は割とよく商品が入れ替わったりするので、次に新しいノートが出たらまた試してみたい。

無印の開きやすいノート

カレンダー

2015年のカレンダーは Hutte Paper Works のタブロイドカレンダーというのを使っていた。A4 縦、シンプルで日付ごとの余白もあって見やすくて、去年 LOFT で見つけた時に、もうこれからはずっとこれにしよう、と決めたくらいだった。

そろそろ2016年のカレンダーを買わなきゃと思って、去年と同じ LOFT に見に行ったら…なかった。ネットで調べてみたら、どうも 2016年版はないみたいで全然ヒットせず。仕方なく近場にある店を回ってみたがピンとくるものなし。できるだけシンプルなものが欲しいので、いいのがなかったら無難に無印か、通販で同じ Hutte Paper Works の Letter Press Calendar でも買うかどちらかかな、と思っていた。

そうしたら今日、表参道にある文房具カフェにこの Letter Press Calendar があったので買ってきた。けっこう小さくて、B6 くらい。定番のカレンダーのようなので、なくならないだろうから、来年以降はこれにしようと思う。

今、カレンダーに求めてるのは、

  • あまり大きくない (せいぜい A4 くらいまで)
  • シンプル (罫線などもできるだけ少ない)
  • 日付ごとの余白が十分ある (予定を書き込むことはないが)
  • 祝日が色分けされている
  • 壁にかけられる(卓上タイプではなく)

といったところ。ミドリの MD カレンダーもかなりいいのだが、卓上というのがちょっと惜しかった。

最近、Ca.Crea の A4 1/2 サイズも店で見かけなくなったし、気に入った商品がなくなるのが寂しい。

カレンダー

ボールペン

筆圧が弱いせいで、ある時期からメモや落書きなどはすべてボールペンを使うようになった。
力加減で濃さを調整できるので、油性ボールペンを使っている。ただ、特に落書きなんかをしていると、よくインクのダマができてしまう。まあそれは仕方ないことだと思っていた。

ボールペンは何でも同じだろうと、安物を使い捨てる感じで使っていたが、100 均で買ったものは書き味があまりにも悪くて、普通の文房具屋で買わないとダメだなと思った。

ある時、カランダッシュのボールペンをプレゼントしてもらったのだが、これが全然ダマにならなくて驚いた。とても気に入って使っているのだが、ちょっと高いので職場で使うのは何となく躊躇していた。もっと安いのがないか調べていたら、 849 というのが値段も手頃でカジュアルな雰囲気なので、それを買って使っている。

芯は高いものと同じなので、ペンの重さ以外はだいたい同じ。ちょっとだけペン先がガタつくかもしれないが、普段は気にならない。

以前は 3 色ボールペンを使っていたのだが、結局、あまり色を使い分けることがなくて、最近はもっぱら青のボールペンで書いている。印刷した資料にメモする時など、黒よりも青の方が印刷部分との区別がつきやすいし、普通にメモを書いても見やすい気がする。

ボールペン

Notebook

以前 タスク管理まとめ (2015年版) に書いたように、しばらくタスク管理に紙のノートを使っていた。その時、どんなノートが使いやすいか考えてたことと、いくつか試してみた感想を書いておく。

使いやすいノート

以下のような特徴があるノートが (自分にとって) 使いやすかった。

  • A5 または B6
  • 方眼 (できれば紙はクリーム色)
  • 水平に開く (机の上に開いたまま置ける)
  • 表紙がシンプル (できれば何も書いてないものがいい)
  • あまり厚くない
  • リングではない

「A5 または B6」というのは、PC (キーボード) の手前に置いて使うとときに収まりが良いため。ちなみに自分はヒジまで机の上に乗せてキーを打つので、ラップトップやキーボードは少し奥にずらして置いている。

「あまり厚くない」という条件は、軽い方が良いというのと、厚いと使い切れないんじゃないかという気がしたため。万が一無くしたときもショックが小さいだろうし。

今年買ったノート

Rollbahn の A5

これはリングノートだけど、B6 の変形サイズで大きさがしっくりくる。プライベートで使ってて、思いついたことや週末にやることなどを書き出したりしている。以前、週末の朝に行っていたカフェのペーパーナプキンに予定などを書き出して日曜日に捨てていたんだけど、そのカフェが無くなった後、同じくらいの大きさのノートを探したらこれになった。

Ca.Crea の A4 x 1/2 サイズ

これが上にあげた条件をすべて満たしていた。表紙も中身もすべてシンプルでちょうど良い。大きな店に行かないと見つからない。

ZEQUENZ 360

上の 2 つとは別に、保存用のノートとして買った。他のノートやメモ帳に書いたアイデアなんかをずっと残しておくためのもの。ただ買っては見たものの、水平に開いて置いておくことができないので、その辺がイマイチ。

その他

Moleskine も使ったことはあるんだけど、値段がネック。トラベラーズノートは、カバーのをつけたままだと背表紙の金具が邪魔になって書きづらいのがダメだった。MD ノートなんかも良さそうなんだけど、厚みがある分、気軽に普段使いできない感じ。デザインだけで見ると CIAK のノートも気になるんだけど、使いやすさはどうだろう。 次は re-Collection の方眼ノートを試してみたい。

Notebook