iTunes コンプリートマイアルバムの罠

iTunes ストアには、アルバムに入っている曲を事前にシングルなどで買っていると、そのアルバムを差額で買えるコンプリートマイアルバムという機能がある。例えば、1 曲が 250 円で、アルバムが 1500 円の場合、そのアルバムに入っている曲をすでにシングルで買っていたら、そのアルバムが 1250 円で買える。

ただこれには落とし穴があって、アルバムによっては元々購入済みの曲がダウンロードできない場合がある。さっきの例だと、シングルで買った曲がアルバムの 3 曲目に入っていた場合、3 曲目が無い状態でダウンロードされてしまう、ということだ。

今年のはじめに買ったアルバムでこの現象にあったとき、バグだと思って iTunes ストアのサポートに問い合わせたら、仕様だということがわかった。サポートに問い合わせている間に検索したところ、同じような状況の人がいたのでやはり仕様のようだ。ただし、じゃあ差額を払ってもいいから買おうとすると、ちょっと面倒な手順を踏むことになる。

そのまま対象のアルバムをストアで見ると、ダウンロードできない曲は「購入済み」となっていて、購入することができない。サポートの案内では、自分自身にギフトとして購入するか、ストアをログアウトした状態で購入する、という手順で買えるとのことだった。

シングルとアルバムではミックスやマスタリングが違う可能性があるので、本当なら購入するのが良いのだが (結局、CD で買う場合は安く買えたりしない訳だし)、何も気にしないのであれば曲の情報を書き換えて、アルバムタイトルやアルバムアーティストを同じアルバムの他の曲と同じように変更すれば、iTunes 上は同じアルバムの曲として表示されるし、ジャケットは曲の情報からアートワークの画像を選択して⌘ (コマンド) + C、⌘ + V でコピーペーストして変更できるので、細かいことを気にしないのならばこれでもいいのかもしれない。

また、上には「ダウンロードできない場合がある」と書いた。これは、過去に買ったアルバムでは、その前にシングルを買っていてコンプリートマイアルバムで買ったけど、全曲ダウンロードできたものがあったからだ。これについても調べてもらったら、コンテンツプロバイダ、つまりアーティスト側がダウンロードできるように選択できるので、アーティストまたはレーベル側の意向だそうだ。

iTunes は、たまにアルバム内の曲の情報が統一されてなくて同じアルバムなのに複数のアルバムに分割されてしまったり、なんか二重にダウンロードされたりすることがあったりもするので、もう少し使い勝手や品質を上げて欲しいなと思う。

Advertisements
iTunes コンプリートマイアルバムの罠

Power Point のスライドマスター編集

仕事で使う Power Point のテンプレートを一部変えたくて、スライドマスターを編集し、
テキストボックスを追加したら、変更後のレイアウトを使うときに挿入したはずのテキストボックスが表れなかった。

ちょっと検索して、なるほどプレースホルダーを入れないとダメなのか、ということがわかったので、追加してみても反映されない。なぜだ。これもしばらく検索したり同じようなことを繰り返したりして時間がかかってしまった。

結局、スライドマスターで編集したいレイアウトを複製し、そのコピーの方へプレースホルダーを追加したらきちんと反映された。原因はまったくの謎。

Chrome のフォント設定といい、Power Point のスライドマスターといい、寝るちょっと前に 15 分くらいで設定しようという軽い気持ちで始めたら 1 時間くらいハマったので虚しくなった。

Power Point のスライドマスター編集

Chrome のフォント設定

Windows で Chrome を使っているとデフォルトのフォントが MS P ゴシックだったりするので、もうちょっと見栄え良くできないかな、と思い、設定でフォントを変えてみたらハマった。游ゴシックと迷ったけど好みで Noto Sans CJK JP を設定しようとした。最近のウェブサイトはフォントが指定してあるところが多いが、Google の検索結果や Wikipedia で確認してみたら、なんかメイリオになってないか? と気づいた。游ゴシックだとちゃんと指定通りに変わるが、 Noto Sans CJK JP Regular にするとダメ (メイリオ)。

検索してみると、Chrome のフォント設定周りは前から問題があったらしいが、自分の環境で起こっている問題そのものは見つからなかった。なので迷いながらも設定を色々変えてみたところ、どうも Regular と Normal はメイリオになってしまうようだ。なんだこの設定。

とりあえず、Light や Medium を使えば指定通りになるので、今は Light を設定している。

追記:

その後、少し検索したら、”DirectWrite 有効な Chrome で 源ノ角ゴシック (Source Han Sans) とかウェイト名付フォント名を使う方法デース” に解決策が書いてあったのでやってみた。そこにあるように、Chrome の Preferences ファイルを直接編集して、weight の Regular を削除すると、設定画面上は MS P ゴシックになるが、指定したフォントが反映した。

Chrome のフォント設定

Mac の Chrome で https のページ上で bookmarklet を使う

Chrome ではセキュリティの関係で https のページでは bookmarklet が動かない。Windows だとショートカットにオプションをつけてあげれば良いが、Mac だと同じようにはできない。

そこで以下のようにファイルを作りアプリっぽい形にしてみた。

chrome(insecure).app/
 +- Contents/
     +- MacOS/
     |   +- OpenChrome.sh
     +- Resources/
     |   +- app.icns
     +- Info.plist

OpenChrome.sh

#!/bin/sh
'/Applications/Google Chrome.app/Contents/MacOS/Google Chrome' --allow-running-insecure-content

Info.plist

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple Computer//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
  <dict>
    <key>CFBundleExecutable</key>
    <string>OpenChrome.sh</string>
    <key>CFBundleIconFile</key>
    <string>app.icns</string>
    <key>CFBundlePackageType</key>
    <string>APPL</string>
  </dict>
</plist>

app.icns は、適当に検索して IconArchiveから Chromium Icon を拾ってきて使っている。

Mac の Chrome で https のページ上で bookmarklet を使う

Dropbox Chat

I read a bit old article that was posted April 2010.

He was sharing documents with his son by Dropbox. Someday his 9 year-old son created a new document and then change the filename like “Hey.doc”. He got pop-up notification from Dropbox. His son kept changing the filename like this – “Dad.doc” -> “That sucks.doc” -> “When I login.doc” -> “It shows 5 minuites remaining for play.doc”.

His son was using update notification as alternative of IM. I’ve never thought if it can be used for chat.

After that, they chatted in a text file instead of changing filename. He wrote the post with the chat log which is stored as updated history of those files in Dropbox.

Dropbox Chat

Firefox Add-ons and Scripts for Tumblr

Japanese heavy users of Tumblr seems to use Greasemonkey and the following Greasemonkey scripts.

  • AutoPagerize – It loads next page contents when you scroll down to the bottom of the page.
  • Minibuffer – It gives you command-line operation. (This is required for LDRize and ReblogCommand.)
  • LDRize – You can scroll to next/previous post with “j”, “k” key. You can mark a post with “p” key and open all marked posts with “o” key.
  • ReblogCommand – You can reblog with just pressing “t” key. (Press “Shift” + “t” to reblow with comments.)
  • Tumblr Dashboard jk disable – Prevent go to page top when you scroll down to the bottom with “j” key by AutoPagerize. (You can install the script from here)

Install follwoing user style sheet for Stylish.

And other Add-on:

  • tombloo – You can posts many services at once.

Usage:

  • Press “j” to read forward your dashboard, press “k” to back to previous post
  • When you want to reblog a post, just press “t”

That’s it.

References (Japanese websites):

Firefox Add-ons and Scripts for Tumblr

Reviewing Past Social Bookmark Entry with RSS reader

Reference: 全自動ブックマーク棚卸しが想像以上に有意義な件

I read an interesting article that wrote about social bookmark service. It says automated taking inventory for old bookmark entries.

He uses Yahoo! pipes to retrieve bookmark entry that is posted one year before, and subscribe the RSS. You can easily review your old bookmarks with RSS reader.

He also says the old bookmark entry is interesting, because it recalls himself what he seeing and thinking one year ago.

His pipe is for Hatena Bookmark
users. (Hatena Bookmark is one of the most popular social bookmark service in Japan.) I think you may be able to create similar tool for Delicious or other bookmark services.

Reviewing Past Social Bookmark Entry with RSS reader