ボールペン

筆圧が弱いせいで、ある時期からメモや落書きなどはすべてボールペンを使うようになった。
力加減で濃さを調整できるので、油性ボールペンを使っている。ただ、特に落書きなんかをしていると、よくインクのダマができてしまう。まあそれは仕方ないことだと思っていた。

ボールペンは何でも同じだろうと、安物を使い捨てる感じで使っていたが、100 均で買ったものは書き味があまりにも悪くて、普通の文房具屋で買わないとダメだなと思った。

ある時、カランダッシュのボールペンをプレゼントしてもらったのだが、これが全然ダマにならなくて驚いた。とても気に入って使っているのだが、ちょっと高いので職場で使うのは何となく躊躇していた。もっと安いのがないか調べていたら、 849 というのが値段も手頃でカジュアルな雰囲気なので、それを買って使っている。

芯は高いものと同じなので、ペンの重さ以外はだいたい同じ。ちょっとだけペン先がガタつくかもしれないが、普段は気にならない。

以前は 3 色ボールペンを使っていたのだが、結局、あまり色を使い分けることがなくて、最近はもっぱら青のボールペンで書いている。印刷した資料にメモする時など、黒よりも青の方が印刷部分との区別がつきやすいし、普通にメモを書いても見やすい気がする。

ボールペン