Integrating UX into Agile Development

UX matters の Integrating UX into Agile Development から、Agile について気になったところをピックアップ(記事が長いので)。引用して訳した訳ではないので注意。

Success Factors for Agile UX

  • Agile プロセスには継続的なフィードバックが必要になるので、UX アーキテクト / デザイナーは独立したデザイングループではなく、プロジェクトチームのメンバーでなければならない

Adapting User Research to an Agile Approach

  • 毎日の終わりに、簡単なフィードバックをする。全員でどの問題を修正すべきか優先順を付け、合意を得る

One Agile Process

  • UX アーキテクトは次のようなフォーマットで書かれたユーザストーリーを推敲する: As a [role], I want to [action based on a feature], so [user goal].
  • 開発チームはスプリントの計画の前に半日から1日かけて各ストーリーを見積もる。開発者はしばしば、この時点で新しいストーリを追加する
  • スプリントの計画時は、開発チームはそのスプリントで実施するストーリーを選択し、タスクに落とし込む
  • スプリントの間、UX アーキテクトはチームに対して UX デザインの課題についてアドバイスし、成果物のユーザビリティと質を検証する
  • UX アーキテクトはチームがスプリント n のストーリーを実装している間に、スプリント n+1 のストーリーに取り組む

Team Dynamics

  • 開発者はユーザリサーチについても積極的に関わるべきで、ユーザリサーチの結果を待つのではなく、直接ユーザと話す必要がある。

関係ないけど

この UX matter のページ、Cmd + C (コピー)するとツールチップのような小さなウィンドウが出てうっとおしい。日刊スポーツのサイトで文字を選択した時も変なのが出るが、こういう OS デフォルトのショートカットなどに対してそのサイト独自の動作を割り当てるのはいい UX なのかね。

Advertisements
Integrating UX into Agile Development

Apple doesn’t have separate web design for smartphone browser

The following article analyse Apple website and try to know what Apple thinks about web site design for PC and mobile.

According to the article, the author find out that

  • Apple sets “viewport” width as 1024px, which is rendered as if 1024px width
    in mobile browser (mobile safari).
  • Basically each page has large image at top of the page. And 3 – 4 images lined
    up in 4 columns under the large image.
  • When you double tap a small image, mobile safari zooms the contents and it
    fits the screen size. At this point, you can easily read the text with the image.

It can be considered that apple.com is optimized both PC and mobile web browser with one design. With mobile browser, you can see the page contents at a glance, and then you can access information that you want with double tap. The author says that this design seems mobile web design that Apple upholds.

Apple doesn’t have separate web design for smartphone browser

コミュニケーションの障害となるもの

以下のブログにコミュニケーションが上手く行かなくなる時の障害物とそれを取り除くための Tips (というか心構えみたいなもの)が書かれていた。

当たり前のような事だけど、分かっていても出来ない時があったりする。例えば、忙しい時とかついつい面倒になって会話の手を抜いたり(変な言い方。。)。なので、メモしておく。

  1. 相手が知らない用語を使う

    相手の様子を見て、混乱しているようなら話が明確だったかどうかを確認、話のポイントを繰り返す

  2. 感情による障害

    ボディランゲージや怒り等の感情的なもの言いはシンプルな言葉の意味を変えてしまう。個人的な問題で気分が良くない時でも、他の人とコミュニケーションを取る際はそれを態度に出さないようにする

  3. 誤った手段を使う

    直接の対話やメール等の手段。コミュニケーションを取る時は、その内容に合った手段かどうかを考える事

コミュニケーションの障害となるもの

Project Management Tips

I picked up some points that I sympathized in the following article which is written about key factors for successful project management.

Lead

  • Mid – Long term success should be growth of team member and team members would think that they want to work together again

Flat

  • Project leader, project member are just different roles, it doesn’t mean high, low positions
  • To make good atmosphere, the leader should talk honestly

Pride

  • Give a praise in front of everyone, give a warning one on one

Communication

  • Have regular one on one meeting to know everyone’s feeling

Closing

  • Evaluation and reflection should be straight and strict

Reporting

  • Leader want to know conclusion. Sub-leader want to know process as well. Team member want to know how to. Thus the report should begin conclusion, and then process and how to at the end

Vacation

  • When a person want to take a day off, there is not benefit to hold him back
Project Management Tips