サインアップとログインをシンプルにするテクニック

Smashing Magazine の記事から箇条書きで。

Innovative Techniques To Simplify Sign-Ups and Log-Ins

サインアップをシンプルにする

  • ユーザ名はサインアップ後に登録させる
    (ユニークなユーザ名を決める際、確認やエラー後の修正が必要になるので時間がかかるため、後で行わせた方が登録時の離脱が少ない)
  • パスワードの入力を1回にする
    (ユーザにパスワードの間違いがないか確認させるには、2回入力させるより、パスワードのマスクを外すオプションを提供する方が良い)
  • 郵便番号から住所を自動入力
  • 国のフィールドをオートコンプリート
  • 支払い者の住所を配送先住所と同じにする機能
  • ニュースレターのオプションはデフォルトでチェックしない。さらにニュースレターのサンプルを見られるようにする
  • Spam 避けには、CAPTCHA の代わりに JavaScript で隠したテキストフィールドを使う
    (JavaScriptで生成した隠しテキストフィールドを必須項目にする。または CSS で見えなくしたテキストフィールドの値がブランクになっているかどうかをチェックする)

ログインをシンプルにする

  • Email アドレスでもログインできるようにする
  • 現在のページを離れずにログインできるようにする
    (ドロップダウンやモーダルウィンドウでフォームを表示)
  • ログインフォームを表示した際は、最初のフィールドにフォーカスを移す
  • パスワードのマスクを外せるようにする
  • パスワードを忘れた人用のリンクにクエスチョンマークのアイコンを付ける
  • Submit ボタンをテキストフィールドと同じ幅にする
  • Twitter、Facebook や OpenID でもログインできるようにする
サインアップとログインをシンプルにするテクニック

Dropbox Chat

I read a bit old article that was posted April 2010.

He was sharing documents with his son by Dropbox. Someday his 9 year-old son created a new document and then change the filename like “Hey.doc”. He got pop-up notification from Dropbox. His son kept changing the filename like this – “Dad.doc” -> “That sucks.doc” -> “When I login.doc” -> “It shows 5 minuites remaining for play.doc”.

His son was using update notification as alternative of IM. I’ve never thought if it can be used for chat.

After that, they chatted in a text file instead of changing filename. He wrote the post with the chat log which is stored as updated history of those files in Dropbox.

Dropbox Chat

Get Feedback or Fail

zurb.com のブログ記事 Get Feedback or Failの概要。

製品やサービスに対するフィードバックに対する 5 つの W について。

What: 効果的なフィードバック

  • Targeted: 質問に対する回答であること。「これについてどう思いますか?」といった質問に対しては、価値のあるフィードバックは返ってこないので、具体的な内容にする
  • Actionable: 次のステップを明確にするようなものであること
  • Valuable: Targeted かつ Actionalble であっても、価値のないフィードバックがある。例えば「ここの 5 px はもう少し暗くした方がいい」とか「Powerpoint 形式で Export できるといい」など。質問の的を絞って、こういった価値のないフィードバックを避ける

Why: 成功するプロダクト

カスタマーのためのプロダクトなのに、彼らのフィードバックなしでどうして成功できるだろうか。製品を作る事に時間、情熱やリソースを注いでも、カスタマーに正しい製品を提供できているかどうかを検証しないのは問題である。カスタマーこそが製品を作る、または壊す人々である

Who: カスタマー、クライアントそして (あなたの)チーム

  • Customer: カスタマーがあなたのプロダクトを使い、対価を払う。積極的に彼らのフィードバックを求めること。カスタマーのニーズを満たすプロダクトが成功する
  • Client: クライアントをあなたのカスタマーとして、エンドユーザをクライアントのカスタマーとして考える。定期的なフィードバックを通してクライアントを興奮させ、あなたのデザインに投資させ、彼らの意思決定を助けること
  • Your Team: 今あなたがどんな作業をしているかを常に共有し、質問を欠かさないこと。デザイナーだけでなく、エンジニア、プロダクトマネージャやマーケッターなどの意見に耳を傾け、様々な視点からのフィードバックを得る

Where & When: 今ここで!

製品サイクルのどの時点でも、カスタマーのフィードバックがその製品の方向性を決める手助けとなる。フィードバックの価値を学び、できるだけ早い時点で頻繁に行うこと。

A Personal Note

フィードバック得るのは最初はキツい出来事だった。ZURB で働き始めた頃、批判は才能や自分の仕事に対する攻撃のように思え、自身のエゴに大きな打撃を与えた。しかし 2, 3 年後、フィードバックなしでは仕事ができないようになった。フィードバックなしのデザインは、誰もあたなの決定に投資しないし、その仕事の価値を理解しない。飛躍を遂げるためには、フィードバックを受け入れ、それに対応し、効果的に製品を洗練させていくこと。

Get Feedback or Fail

How to know actual name of a skype user

Quick translation of the following article.

I’m not sure if this would work now and future. It doesn’t seem mac version
have facebook feature as of June 21, 2011.

  1. Update skype (sidenote: the original article was posted on April 22, 2011)
  2. Open facebook tab in Skype home 
  3. Display news feed on skype

If the user uses same email address on skype and facebook, you can get the
user’s name of his/her facebook account whatever the privacy settings.

How to know actual name of a skype user

タスク管理まとめ (2010年版)

去年、タスク管理の方法を少し変えたので、メモしておく。基本的には以前に書いた

と大きな違いはない。変わったところは、

  • 仮想デスクトップの数を 4 つから 2 つに減らした
  • タスクの管理には、自作の ToDo List を使うようになった

ことの 2 点。

仮想デスクトップのソフトは引き続き VirtuaWinを使っている。
デスクトップは 2 つ作り、

  1. Main (Win+Z)
  2. Task, Outlook (Win+X)

としている。括弧で書いたショートカットキーで切り替えるように設定した。Main は作業スペース。ブラウザ、エディタ、IM など。

2 のデスクトップには、Outlook のスケジュール画面と、chrome のアプリケーションのショートカットで作成したウィンドウを開いている。主に見ているのは ToDo List のウィンドウ。ToDo List の使い方は 以前書いた通り

Outlook と Todo List を 1 つのデスクトップにまとめたのは、Outlook のメールをできるだけ見ないようにするため。以前は、ショートカットキーで簡単に切り替えられたので、つい何となく見てしまって、気が散る時があったからだ。だから今回、メールの画面にアクセスするためのハードルを上げてみた。その他、メールのフォルダ分け等は同じ。

実際にこの方法で半年以上経ったが、以前よりも細かいところでストレスが無くなった気がする。特に ToDo は、テキストのコピペなどでソートしたり、完了したタスクへ移動していたのが、ドラック & ドロップとチェックでできるようになったので、かなり良くなった。

ToDo List のツールは最低限自分に必要な要件は満たしているが、改善点もいくつかみつかったので、いつか気が向いたら更新したい。

タスク管理まとめ (2010年版)