Things that we should consider for good UI

I thought about the things that are contexts for creating good UI. I posted about my question and consideration for good UI last June (it’s a Japanese post). Recently I thought about the topic a little more, here is my notes.

When we create user interface, usually we define target users. User types I come up with at first are

  • Beginner, who is not familiar with the site/system
  • Expert/Advanced, who successes with the site/system

Another user types could be

  • Consumer, who uses the site for his hobby, personal matter
  • Business, who uses the site for his job

So there are 4 types of users in conbination of the above.

  • Consumer, Beginner
  • Consumer, Expert
  • Business, Beginner
  • Business, Expert

While there are also some types for sites/systems. In terms of the purpose of the site, I come up with

  • Tool, which is just a part of process for the user to achieve his goal.
  • One stop solution, which provides whole process from the beginning to the end of the user’s goal.

(I couldn’t find good words to express it, so I use these words for now.)

From another aspect, there are two types of sites/systems.

  • Standard, that is known by a lot of people
  • New concept/innovative, people need to start to understand what it is

So there are 4 types of sites/systems

  • Standard, Tool
  • Innovative, Tool
  • Standard, One stop solution
  • Innovative, One stop solution

In addition to these user and site types, we need to thinkg about situation of your site/system.

  • Early stage, that means the site/system just started and doen’t have many users, less knowledge base
  • Experienced, means the site/system is grown enough. It has many expert users

Thinking about the target

When we create a new UI, I think we should think about the above types in conbination. Here are some examples of my personal thoughts.

I should target beginner user if my site/system is in early stage. Of course it depends on my strategy, for example, if my site is standard type and there are many competitors, I may target expert users to differentiate my site (but it may be wrong because the target user cost to switch the service.)

If my service is in experienced stage, I provide it for business users, I should target expert users and optimized the usage for the users. Additionally I may need to provide some guidance for beginners to encourage them to be experts. Why? Because I think business users can pay cost to study it for their profit. They won’t quit the service easily compare to consumers.

If it’s innovative, new concenpt type of feature, it would be the best for business users that the UI helps to understand the concept, the concept helps to understand the usage.

For Tool type site/system, I’d like to focus on the speed. I would provide less information, less eye-candy type of graphics.

I still don’t have the conclusion for this topic and don’t have concrete answer for each combination. I’ll think about this a little more, and write another post if I have a chance.

Advertisements
Things that we should consider for good UI

良い UI にするために考えるべきこと

良い UI にするためにはどういうことを考えれば良いかについて、去年の 6 月に書いたポストの後、また最近少し考えてみたのでまとめておく。

ユーザインターフェイスを作るとき、普通ターゲットとなるユーザを定義する。ユーザのタイプとして、すぐに浮かんでくるのは

  • ビギナー。あまりそのサイトやシステムに慣れていない
  • エキスパート、上級。そのサイトやシステムを上手く使いこなしている

他に考えられるタイプというと

  • コンシューマユーザ。趣味とか個人的にそのサイトなどを使っている
  • ビジネスユーザ。仕事で使っている

ということで、これらを組み合わせると 4 タイプあることになる。

  • コンシューマユーザのビギナー
  • コンシューマユーザのエキスパート
  • ビジネスユーザのビギナー
  • ビジネスユーザのエキスパート

一方で、サイトやシステム側にもいくつかのタイプがある。目的から考えて思いつくのは

  • ツール。何かを行うためのプロセスの一部で使用する
  • ワンストップのソリューション。ユーザの目的を達成するためのプロセスの最初から最後までそこで完結する

(ちょっといい単語が思いつかなかったので、とりえあず上の言葉を使っておく)

別の視点から見ると、他にも 2 つのタイプが考えられる。

  • 定番。多くの人に良く知られているもの
  • 新しいコンセプト、イノベーティブ。まずそれを理解するところから始めなきゃいけないもの

こっちも 4 タイプになる。

  • 定番のツール
  • イノベーティブなツール
  • 定番のワンストップソリューション
  • イノベーティブなワンストップソリューション

これらのタイプに加えて、そのサイトやシステムのおかれている状況も考慮する必要がありそうだ。

  • 初期。そのサイトなどができたばかりであまり知られていない。ユーザ数も少ない
  • 成熟期。充分成長し、良く知られ、エキスパートユーザもいる状態

ターゲットについての考察

新しい UI を作るとき、上にあげたタイプを組み合わせて検討することになると思う。それらの一部についての個人的な考えを例として以下にあげる。

もし自分のサイトやサービスが初期の段階だとしたら、ビギナーをターゲットにすべきだと思う。もちろん戦略によって変わるかもしれない。例えば、あえて定番で競合の多いサービスを作るなら、差別化のためにエキスパートユーザをターゲットにするのもありかもしれない (でもそのターゲットに乗り換えのコストが発生することを考えると、多分それは間違いじゃないかと思う)。

もしサービスが成熟していて、ビジネスユーザに提供しているなら、エキスパートユーザをターゲットにしてそこに最適化するのが良いと思う。さらに、ビギナーにはエキスパートユーザになるための支援を提供する必要があるかもしれない。何故かというと、個人的に、ビジネスユーザというのはその利益のために学習コストを掛けることができ、コンシューマーユーザに比べれば、簡単に辞めたりしないと考えるから。

それがもし、イノベーティブで新しいコンセプトの機能だとするなら、UI の使い方を理解する事で、そのビジネスユーザがコンセプトを理解できたり、コンセプトの理解が使い方の理解に繋がったりするようなものが、ベストなんじゃないかと思う。

ツールタイプであれば、スピードに最適化したい。情報や装飾を少なくするだろうと思う。

まだまだこの件について結論までは出てないし、個々の組み合わせに対してこれといった答えもないけど、もう少し考えてみて、機会があればまたまとめてみたい。

良い UI にするために考えるべきこと

Being scread of wiki page design

I read interesting tweets about being scread of wiki page at Togetter. (Togetter is the website that you can collect and list relevant tweets.)

Here is the translation of the first tweet.

Last week, when one of my female colleagues would install twitter client, I showed her this page. Later I heard she said that she were scared on that page. That’s a typical pukiwiki page. http://bit.ly/HdaHR

I was a little supprised that there are some people who get scared wikipage. The person
who wrote the above tweet also has similar feeling on the default design of pukiwiki page. (He said that he feels uneasy on that page.)

He listed that the following pages makes them uneasy/scared.

That feeling isn’t caused by amount of information. He also listed websites that he doesn’t feel uneasy though there is a lot of information in the page.

(Mixi is one of the largest SNS in Japan. Here is a example image of My Page.)

There are some hypothesises about the reason in the tweets.

  • There is too little noise in the page.
  • All links seems important, so people are at a loss because they don’t know which link they should click on.
  • Adding some images may change that feeling.
  • Those pages doesn’t have “accent” which means all the information seems flat.
  • Visitors are confused that they don’t find where to start to see.

I’ve never thought, felt that way. It’s interesting. I was wondering if they are not scared of this blog.

Being scread of wiki page design

X04HT (Touch Diamond) のカスタマイズ

今になって 705NK から X04HT に機種変更した。もっさりしてるのと電池が持たないのは覚悟の上で、見た目と大きさ、画面の解像度、ホーム画面の見た目で決めた。docomo のやつにしなかったのは、i-mode のメールアドレスが取れないのと、携帯用のサイトが見れないらしいから。ポケットの中でごろごろしないのがいい。

インストールしたソフト

その他の設定

.NET Compact Frameworkのインストール

.NET Compact Framework 2.0をMac OS Xを母艦に導入する を参考に、以下の手順でインストールした。

  1. The Unarchiverで msi を解凍する。
  2. その中にある cfflies.cab を The Unarchiver で解凍する。
  3. その中にある F_.wm.armv4i.cab.B9F092F9_68DA_4CEB_BB8B_5BC56F898FEA を NETCFv35.wm.armv4i.cab にリネーム。
  4. X04HT に移して cab を実行。
X04HT (Touch Diamond) のカスタマイズ